OEMの事業価値を高める

OEM/ODMの事業価値を高めるための中小製造業の戦略について

 

 


【要旨】

 

近年、OEM企業の間では、ODM(Original Design Manufacturing)と呼ばれる業態が注目されている。

 

ODMは、企業規模や業種・商品を問わず始められるので、中小製造業にとって新規事業に適した業態である。

 

ODMは、既存のOEM事業に企画提案機能を付与することにより進められる。

 

本サイトでは、OEMのODM化を進めるための方法として、VE(ValueEngineering)の応用を考える。 

 

VEは、製造業を中心に発展してきた価値向上ツールの一つである。

 

OEM事業にVEを適用し、OEMのODM化を進めることを通して、OEMの事業価値を向上させる

 

 

【企画及び開発設計VEのステップ】

 

【OEM事業に企画及び開発設計VEを組み込むことのメリット(目的)】 



1.中小製造業とOEM

OEMとは

 

OEM(Original Equipment Manufacturing)は、相手先ブランドによる生産のことをいい、企業間取引の一つである。

 

OEM取引には、生産を委託する企業と、生産を受託する企業が存在する。

 

生産を委託する企業のOEMは、自社ブランドで販売するための製品を他者生産にて調達する。

 

反対に、生産を受託する企業のOEMでは、他社ブランドで販売するための製品を自社で生産し、相手先企業に供給する。

 

以下では、生産を受託する企業のOEMについて考える。

 


OEMのねらい

 

OEMを受託する利点としては、たとえば次のものがある。

 

【OEMを受託する利点】 
①生産に集中できる
 OEMは、自社においてブランド力や販売網を持っていなくても量産が可能である。
②コストメリットの享受
 OEMを採用することで、量産による原価低減効果や投資の早期回収が可能になる。
③時間を買う
 販売網の開拓・構築やブランド力形成のための労力と時間を省略することができる。

 

こうしたことから、事業領域を絞り込むことが求められる中小製造業において、OEMは有益な選択肢となる。

 

OEMのリスク

 

 一方で、OEMを採用することにより、たとえば次のようなリスクも存在する。

 

【OEMのリスク】

①供給先企業の問題
 受注量が供給先企業の販売力に左右される。供給先企業の経営状態の変化や悪化による影響も受ける。
②業務の臨時的負担
 供給先企業の需要予測が甘ければ、急な生産対応の必要が生じる。業界や企業によっては、売れ残り品の在庫負担の問題も生じうる。
③取引上のリスク
 供給先企業が自社生産へ移行するなどの戦略転換によるリスクがある。

 

【OEM受託企業の利点とリスク】

備考:吉森賢『企業戦略と企業文化』に基づき作成


2.OEMの新潮流

ODM化の流れ

 

近年、OEM企業の間では、ODM(Original Design Manufacturing)と呼ばれる業態が注目されている。

 

ODMは、製品の企画・デザイン・開発設計から生産までを生産を受託した企業が行うものである。

 

OEMでは通常、生産を委託する企業が企画・デザイン・開発設計を決定する。

 

これに対して、ODMでは生産を受託する企業が製品の企画・デザイン・開発設計を提案していく。

 

 

 

たとえば、繊維・アパレル業界のODM


ODM取引

 

ODM取引の流れは次の通り。

 

【ODM取引の流れ】

①生産を受託する企業が企画やデザイン・試作品等を提示する
②生産を委託する企業がその内容を確認して、発注するかどうかを決める
③生産を委託する企業が発注量を指定する
④生産を受託する企業が発注量通りに生産し納品する
⑤生産を委託する企業が自社のブランドで販売する

 

ODMの利点とリスク

 

ODMは、小規模な事業単位で進められることが多い。

 

アイテムごとに企画・デザインを行い、生産を委託する企業に提案していく。

 

全社的な事業単位ではなく、アイテムごとの企画・提案が可能になる。

 

小規模で始められるので、従来からの事業や取引と切り離して始めることもできる。

 

企業規模や業種・商品を問わない

 

それゆえODMは、中小製造業にとって新規事業に適した業態である。

 

 

一方で、いくつかの課題もある。

 

アイテム単位の取引では単発的な受注になり、安定的な収益確保の保証がない。

 

少量生産になる場合には、原料調達の問題もある。

 

たとえば、菓子業界のODM

※OEM/ODMの例

◎電子機器・電子部品、工作機械・産業用機械、精密機器、輸送用機器・部品、繊維アパレル製品、医療機器等

◎キッチン用品・調理器具、理容・美容ケア用品、日用雑貨、家庭用機器、防犯機器、玩具等

◎お茶、コーヒー、デザート、菓子、しょうゆ、缶詰、せんべいなど食品類


自社より上流にある原料納品メーカーが小規模単位の納品に対応してくれるかどうか。

 

柔軟な対応力を持つ原材料メーカーとの関係構築ができるかどうか。

 

また、企画力を磨かなくてはならず、マーケットイン志向が求められる。

 

マーケットのニーズをとらえ、企画に反映していくための情報収集・類型力が必要になる。 

土産物・贈答品用菓子類のODM


 

このように、ODMは事業として始めやすい面を持つが、一方で上記の課題を克服し、成功を継続させるための事業上の工夫も重要となる。

 

 

ODMが支持される背景

 

ODMが支持される背景には、経営環境の変化に対して提案型企業への質的転換が求められてきているということがある。

 

少品種・大量生産・大量販売の時代から、多品種・少量生産・多頻度小口流通の時代へと経営環境が変化する中で、

 

従来型の規模の経済を狙いとしたOEMは必ずしも安定収益が得られなくなってきた。

 

生産を委託する企業の販売が多品種・小口化していく中で、少品種・大量生産型OEMによる調達では多様化・高度化する顧客ニーズに応えきれなくなっている。

 

生産を受託する企業においても、多品種・小口化・多様化する市場ニーズに柔軟に対応できるように、生産体制の再構築が求められている。

 

こうした中、生産を委託する企業の持ち込み企画を待つのではなく、生産を受託する企業の側から

 

専門性を活かした製品の企画・デザイン・開発設計・試作品提案を行っていくというニーズが顕在化してきたのである。

 

 

戦略的提携としてのOEM

 

OEMのODM化は、環境適合のための戦略的意図をもった業態変化である。

 

生産を受託する企業が、企画・デザインを提案し、企画から生産までの一連の流れを受注することで、供給先企業と密接な関係を築いていく。

 

信頼関係を基礎として、新たな受注を獲得していく。

 

ODMを通じて情報収集や企画・製品化のノウハウを構築し、こうしたノウハウをもとに販路を拡大させていく。

 

単なる生産受注としてのOEMから、戦略的提携としてのOEMというように、

 

OEM自体の業態を戦略的に展開していくことで、

 

経営環境の変化に適合し、将来の収益獲得につなげていくのである。

 

【OEMの戦略的展開】


OEMのODM化

 

OEM企業がODMに業態を変化させていくことは、経営環境の変化に適合していくための方策であり、提案型企業への経営の質的転換を目的とするものである。

 

では、OEM企業がODM企業へと転身していくためには、どのような方法を取ればよいだろうか。

 

企画提案に着目し、知恵や企画を社内に呼びかけても、突然に新しいアイデアを絞り出すのはなかなか難しい

 

仮にアイデアが出て、新しい製品を提案できたとしても、売れるアイデアを継続して生み続けるのが難しい

 

また、よいアイデアが生まれてきたとしても、そもそもアイデアを製品化するためのノウハウを持っているとは限らない

 

そこで、自社の経験やノウハウのみに頼るのではなく、市場ニーズに応えるためのアイデア創りや、それを製品化するための方法論を活用するのがよい。

 

生産能力を高めるために生産管理の様々な手法が用いられるように、企画・提案力を高めるためには、それに適した手法を用いるのである。

 



3.VE(Value Engineering)の応用

 

 製品の企画・提案力を高めるための手法として、VE(Value Engineering)がある。

 

 わが国において主に製造業の価値向上ツールとして発展してきたVE(Value Engineering)を、

 

 「OEMのODM化」を進めるための手法として応用することを考えてみる。

 

VEとは?

 

◇ VE(Value Engineering)とは
  

 VEは、1947年にアメリカGE社で開発された改善手法であり、1960年代から日本の産業界で活用されてきた。
 

 我が国では、当初は製造業の資材調達で適用され、次第に設計や開発・製造・流通販売分野に広がっていった。


  現在では、適用業種が製造業から建設業やサービス業、公共事業などに広がっている。

 

◇ 実際の活用例

 

 VEは、たとえば製品のモデルチェンジの代替案の立案や新製品開発等に用いられるほか、

 

 調達資材の代替案、製造工程・物流コストの改善・効率化などで活用されている。
   

 VEには、開発設計段階のVE、製造段階のVE、物流VE、経営管理・間接業務のVEなどがある。

 

VEの本質

 

 VEは、機能とコストの両面から対象テーマの価値向上を実現するための手法であり、本来の目的に遡って考察することで、従来よりも価値を向上させる代替手段を考案する。

 

◇ テクニック

 

 VEは、機能とコストの両面から対象テーマの価値向上を実現するための手法である。
 

 

 ☆価値向上のアプローチ

  ①機能を高め、コストを下げる  

  ②機能を維持し、コストを下げる

  ③コストを維持し、機能を引き上げる

  ④コストをかけて、機能をさらに引き上げる


◇ 根本思考

 

 VEは、本来の目的に遡って考察することで、価値の向上を伴う代替手段を考案する。

 

 


 ☆考え方

  ・目的は一つでも、それを達成する手段は複数考えられるはずである。

  ・手段aから手段bを直接考えるよりも、いったん目的に遡った上で代替手段を考えた方が論理的で効率的である。

  ・目的に遡って代替案を考えることで、発想の転換が起きて新しいものが生まれる可能性が高まる。

製品企画VE

 

 製品企画段階においてVEを適用することにより、製品企画を効果的かつ効率的に進める。

 

 製品企画VEは、次のステップにより進められる。

 

【製品企画VEのステップ】

備考:手島直明『価値創造経営の視座 』に基づき作成

開発設計VE

 

 開発設計段階においてVEを適用することにより、製品の開発・設計を効率的に進める。

 

 開発設計VEは、次のステップにより進められる。

 

 【開発設計VEのステップ】

備考:手島直明『価値創造経営の視座 』に基づき作成

製品の「企画及び開発設計VE」のステップ

 

 製品企画VEと開発設計VEを組み合わせて、ここでは「企画及び開発設計VE」と呼ぶことにする。

 

 企画及び開発設計VEのステップは、企画段階と開発設計段階を経て、最終的な具体的提案へ結びつける。

 

【企画及び開発設計VEのステップ】

 

STEP1 企画段階

・情報収集

・コンセプトづくり

・企画書作成

STEP2 開発設計段階

・機能定義 

・機能評価

・具体案作成

 


【企画及び開発設計VEのステップ】

OEM事業にVEを取り入れることで、OEMの事業価値を高める

 

VEは対象テーマの価値を高める手法である。

 

VEを既存OEM事業にVEを適用することによって、OEMの事業価値を高める

 

具体的には、OEM事業にVEの方法論を組み合わせることで、企画提案力を獲得することができる。

 


【OEM事業に企画及び開発設計VEを組み込むことのメリット(目的)】 

 

①OEMのODM化

 

企画及び開発設計VEを用いることにより、既存のOEM事業に企画提案力を付与することができる。企画提案力を強化し、共有先企業に積極的に関与していくことを通じて、OEMのODM化を進めて行く

 

②OEMの質的強化

 

社外からの漠然とした持ち込み企画を、実際の試作品・製品へと具体化する能力が高まる。また、規格品に対するコストダウン提案や既存機能を高めるための提案能力が高まる。

 

③ODMの提案力強化

 

すでに供給先企業に対して企画・提案を積極的に行っている、という場合には、価値創造ツールとしてのVEを活用して提案内容を強化する。また、企画から開発設計までの社内プロセスを標準化し、企画スピードの向上と継続性を確保する。

 

④OEMとODMの使い分け

 

すべてのOEM事業をODM化するわけではない。製品や市場環境、顧客ニーズや自社の生産体制を踏まえて、アイテム単位・季節単位・顧客単位・ニーズ単位などの単位ごとに、OEM/ODMを戦略的に使い分けていく。

 

 こうしたメリットの享受・目的の達成を通じて、OEMの事業価値を高めてゆく。

 

 

経営上の利点

 

企画・開発・設計段階にVEを取り入れることにより、以下のような経営上・マネジメント上のメリットを手に入れることができる。

 

◇ マーケティング・スキル
・顧客ニーズの収集スキルを高める
・市場リサーチのスキルを高める
・顧客情報や市場情報の分析力を高める
・企画のためのステップが明確になる
・コンセプト形成スキルが鍛えられる

 

◇ アイデア発想力、発想の転換力
・アイデアを具体化するステップが明確になる
・アイデア発想技法を使うためアイデアを出しやすくなる
・全社的な知恵の結集が可能になる
・参加者の思考トレーニングになる
・情報や知識経験の蓄積ができる

 

◇ 経営戦略
・蓄積されたノウハウや技術の棚卸しに役立つ
・保有するノウハウの新用途を開拓する
・技術開発、技術転用の可能性が広がる
・新事業開発、異業種参入等の事業展開の可能性が広がる
・研究開発や製品開発の方向性が見えてくる

 

◇ 開発設計管理
・開発設計のステップが明確になる
・開発設計プロセスを標準化する
・開発設計スピードを向上させる
・開発設計コストの見える化、適正管理が可能になる
・継続的に新製品を生み出すための仕組みとして機能する

 



4.まとめ

 

◇ OEMからODMへ

 

  近年、OEM企業の間では、ODM(Original Design Manufacturing)と呼ばれる業態が注目されている。

 

  ODMは、企業規模や業種・商品を問わず始められるので、中小製造業にとって新規事業に適した業態である。

 

◇ ODMの背景 

 

  ODMが支持される背景には、経営環境の変化に対し提案型企業への質的転換が求められてきているということがある。

 

 単なる生産受注としてのOEMから、戦略的提携としてのOEMというように、OEM自体の業態を戦略的に展開していくことで、経営環境の変化に適合し、将来の収益獲得につなげていくのである。

 

◇ 方法は?

 

  生産能力を高めるために生産管理の様々な手法が用いられるように、企画・提案力を高めるためには、それに適した手法を用いることが成功のポイントとなる

 

 そこで、企画提案力を高め、OEMの事業価値を向上させる方法として、価値向上ツールであるVE

(ValueEngineering)の手法を応用し、OEM事業に「企画及び開発設計VE」を組み込むことを提案する。

 

◇ VEを用いたOEMの事業価値向上

 

 企画及び開発設計VEを用いることで、OEMのODM化を進めるほか、OEMの質的強化、ODMの提案力強化、OEMとODMの使い分け、という戦略的な目的の達成を目指す。

 

 こうした目的達成を通じて、OEMの事業価値を高め、提案型企業への質的転換を進め、景気や環境に左右されない強固な収益基盤を築いていくのである。

 

 


中小製造業のOEM/ODM戦略

【メールフォーム】

 

 ご意見、お問い合わせ承っております。

 

 メールにてお返事いたします。


コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です